車を作る自動車業界

車を作る自動車工場の仕事内容とは?

自動車工場での仕事内容は主に4つで、1つ目は機械操作です。車を作る多くの工程ではさまざまな機械が動いています。機械を動かすには部品や資材のセット、安全確認と操作があり、人の手でおこないます。正しい順序を踏んで作業をおこなわなければ大きな事故にもつながるので、注意が必要です。2つ目は溶接です。溶接は自動車のパーツ同士を熱で溶かして接合する仕事で、接合部の強度が重要となります。

3つ目は組み立てです。組み立ては自動車工場のメインとなる仕事で、特に多くの求人があります。基本的には流れ作業となり、ラインで流れてくる車体に担当のパーツを取り付けていく仕事です。同じ作業が繰り返されるため惰性に陥る可能性がありますが、一つのミスが人の命に関わることもあります。4つ目は検査です。出来上がった自動車の検査は、安全性を担保するうえで重要な工程となります。

車を作る工場で働くメリットとは?

車を作る工場で働く大きなメリットは、一般的な仕事よりも多くの収入が得られることです。体力的に大変な部分はありますが、夜勤や残業をすると割増賃金になります。また、自動車工場では一般的には寮が完備されており、寮費が無料となる企業も少なくありません。そのため、生活費を大幅に節約することも可能です。求人の多くは未経験歓迎となり、誰でも始めやすいというメリットもあります。未経験歓迎といっても実際に働くとなると心配だという人もいるかもしれませんが、未経験者の仕事はマニュアル化されています。始めは指示通りの作業をこなし、その後技術を磨いてキャリアアップも可能です。自動車業界は安定した需要があり、仕事が無くなる可能性が低いこともメリットといえます。