機器を作る電子機器業界

立ち仕事が多いため体力と集中力がある人が向いている

工場の求人を出している業種は色々なものがありますが、電子機器の製造を専門としている工場では、正社員や派遣社員、パート社員など様々な働き方を選ぶことができます。たとえば、ライン作業が行われている工場においては、電子機器の組み立てや組付け、検品、箱詰めなど様々な業務があるため、自分の適性や経験に合う配属先を選択しやすくなっています。一般的に、電子機器を扱う工場は、配属先や業務内容にかかわらず立ち仕事が多いです。したがって体力に自信がある人や集中力を維持できる人が重宝される傾向が見られます。なお、現場によっては事故のリスクがあったり、何気ない動作が作業の失敗や大きな怪我に繋がったりすることもあるため注意が必要となります。

大手メーカーの工場なら実務経験を積んで社員になることも可能

大手の電子機器メーカーの中には、数年の実務経験があり、かつ勤務態度が良い派遣社員や契約社員を対象に、正社員登用を積極的に行っているところが珍しくありません。また、将来的に正社員を目指せるように、雇用形態に関係なく日々の業務に役立つ研修を定期的に実施したり、最新の電子機器について学べるセミナーや講演会などへの参加を勧めたりしているメーカーもあります。そうした中、電子機器の製造をメインにキャリアを積みたい人は、毎日の業務や研修を通じてキャリアアップを図れる環境が整っている就職先を見つけることが大事です。また、電子機器の製造のために不可欠なスキルや経験については、各社の方針や製造ラインによってばらつきがあるため、余裕を持って自分に合う職場を選びましょう。

日総工産の募集には、岩手県での受付事務や三重県での電子部品の組立など、勤務地と職種のどちらも様々なものがあります。